「あそコロ♪」関連リンクです!

お気に入りリンク集☆

  • うっかり特捜ギャリバンさん
    pixivでイラストや漫画を掲載されています。どれもすごく可愛くて面白いですよ!うちの『シェルザード!』のイラストも描いてくださっています☆
  • タマネギーニョさん
    galleriaにイラストやSSを掲載されています。主に懐かし系のヒロインやビキニアーマーなキャラを中心に描かれています。うちの「エルガイザー」のイラストも描いてくださいました!
  • そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに
    korohitiさんのドラマを中心にした感想ブログ。特に毎週の平成仮面ライダー感想は考察も深くて必見!
  • 顔面ソニーレイ
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆
  • 伊吹天花のブログ
    現在プロ漫画家デビューを目指して活動中!みんなも応援してあげてくださいね☆
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナルバトルラノベ「Fの軌跡」の掲載ページです。現在休載中ですが復帰を願って紹介します!
  • ☆あす花のぷち日記☆
    さとらさん(こういちのママさん)のブログです。主にドラクエを題材にした可愛いイラストを描かれています☆
  • PARA-HYDROGEN
    ゲーム音楽風のオリジナル曲を作られているパラ水素さんのページ。カッコ良くって聴いてるとテンション上がります!
  • 『放痴廃墟』
    管理人のg6triglavさんが描かれた素敵なイラスト付きのちょっとアレな(笑)WEB小説が掲載されています。どの作品もシチュ最高だし、ヒロインのイラストも可愛いですよー☆
  • バサラとキオのAVR Impression
    VRAVが大好きなバサラさんとアシスタントのキオが、アダルトVRを楽しく紹介するブログです(ただしR18)
  • にじこらブログ
    こうさんのブログです。二次キャラで作成した、SH(すこし・えっち)なコラージュが貼られています。こんなキャラやあんなキャラがSHなことになっててドキドキ☆(〃'ω')
無料ブログはココログ

カテゴリー「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」の記事

2023年12月24日 (日)

「せいなる夜」にこんな記事☆(笑):あの『ひげひろ』のしめさば先生が贈る、愉快でエ〇チな「救世」ファンタジー!『サキュバス四十八手』(最後に『ひげひろ』外伝の「あの結末」についてのネタも色々書いてマス)

さぁさぁ今年も12/24がやってきましたよ、

メリークリスマース!゚+.(・∀・)゚+.゚

ということで、久々の「せいや」記事なのデスが(笑)

前回:今年の「せい夜」記事は「あの広告」でおなじみの(笑)極限状態で紡がれるサスペンスラブストーリー!『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』(現在9話まで): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

前々回:「せいなる夜」にこんな記事☆(笑):愛と欲望のうずまく時の牢獄に囚われたヒロイン・風花の運命は!?戦慄のタイムリープエ〇サスペンス『blue snow blue』(天王寺きつね)!: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

取り上げるのはあの『ひげひろ』のしめさば先生の新作で

〇でも〇ったのか?もとい(笑)新境地と話題騒然の

新作ラノベ『サキュバス四十八手』デスよ!(笑)

Z48te-1

 

いやもうタイトルのインパクトだけでも優勝なのデスが

内容もホントいい感じで〇が悪くて(笑)そしてもちろん

エロエロで最高デシたとも!賛否両論みたいだケド、

個人的には大好き!『ひげひろ』外伝の結末への不満も

どうでもよくなっちゃうぐらい!(後述しマス)

Z48te-20

 

バカ話なので内容は超簡単に紹介しますが、要するに

魔王軍によって窮地に追い込まれた人類を救うために

絶倫が取り柄の主人公サキュバスのお姫様

救世の儀式・サキュバス四十八手の完遂に挑む!!

Z48te-2

……というお話デス。え?意味が分かんないって??

いや、でもそのまんまのお話なんだよなぁ……(笑)

 

なのでもうちょい具体的に言うと、この主人公コンビが

「サキュバス四十八手」の巻物に記されていた儀式を

協力し合って一つやり遂げるごとに、奇跡が起こって

魔王軍から世界が救われていく--という感じデスが、

Z48te-5

もちろん「四十八手」しかも「サキュバス」

いうだけあって、どれもアレな内容の儀式ばっかで、

 

たとえば第一手《イワシミズ》の達成条件となるのは、

・まず“江呂神酒”を互いに飲み交わす。
・互いが裸になり、一度口づけをする。
・皇子が巫女の秘部を口によって愛し、絶頂させる。
・“第一の淫紋”が起動し、儀式成功。

ちなみに江呂神酒は皇子の精子を入れて作る……って、

こんな〇の悪い儀式が48もあるのかよ!?とw

 

ちなみに第一手はク〇ニ止まりデスが、第二手からは

ちゃんと本番もあり、更にその後はより変態的な方向

エスカレートして……って、いやもうこの調子でいくと

最後は一体どんなアブノーマルなプレイに……w

Z48te-7

 

そしてそれ以前に1巻では三手までしか行かなかったので、

このペースだと全16巻の大作になっちゃいマスよ!?

これだとしめさば先生の代表作はこっちになっちゃう!w

 

まぁでも主人公のアベルはとにかく隙あれば勃〇してるケド

好感の持てる奴だし、ヒロインのスズカもツンデレ可愛いし、

Z48te-3

何より一般ラノベレーベル(だよね?)なのに、

 

続きを読む "「せいなる夜」にこんな記事☆(笑):あの『ひげひろ』のしめさば先生が贈る、愉快でエ〇チな「救世」ファンタジー!『サキュバス四十八手』(最後に『ひげひろ』外伝の「あの結末」についてのネタも色々書いてマス)" »

2023年8月31日 (木)

『ひげひろ』本編&アニメ終了(ほぼ)2周年と外伝完結を目前にしてこんな記事(笑)

ここんとこちょっと忙しい感じなので小ネタ風です💦

本編完結、そしてアニメ放映からはや2年が経つ中、

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』

外伝版もいよいよ完結する模様です!

Zhigehiro4-1

 

いや、三島編の方は読んでたのデスが、後藤さん編

下巻が出てから読もうと取っておいたんデスよね。

しかもこっちは沙優ちゃんも出てくるみたいで楽しみ!

Zhigehiro4-9
 
 
Zhigehiro4-2

 

……ですが、ホントそれにしてもこの2年間、

期待外れというかつくづく残念でならないのは、

続きを読む "『ひげひろ』本編&アニメ終了(ほぼ)2周年と外伝完結を目前にしてこんな記事(笑)" »

2022年7月 7日 (木)

アニメ『ひげひろ』1周年の記念に、またもや沙優ちゃんの「前日譚」を描いたこんな同人作品を読みマシた!(笑)

Zhigehiro3-1

2022年の春アニメも終わり行く中、昨年の春アニメといえば

ボク的には『ひげひろ』だったなぁ……と時の速さを感じる

今日この頃。そうかぁ、この記事を書いてもう1年になるか……

Zhigehirodoujin3-1

(なお頑張って書いたダケに年間6000Hitに迫る人気記事に☆)

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』アニメ版最終回&原作最終巻のラストの違いをもとにちょっと「真面目に」考察してみた!: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

この1年の間に原作の『ひげひろ』はスピンオフが2冊刊行され、

漫画版も本編・スピンオフ共に順調に連載が進み……とまだまだ

作品は続き、更に広がっている感じで嬉しいばかりなのデスが、

でも一つだけ、物足りないというか当てが外れたのが--

Zhigehirodoujin3-19

 

アレな感じの薄い本が全然出ない…orz(苦笑)

 

いやそりゃコミケとかが無かったせいもあるのかもだケド、

びっくりする程出ないよ!?それなりに話題作だったし、

何よりあんなにも薄い本向けの題材だというのにさ!

弾幕薄いよ!? 何やってんの!!(;´д⊂)(笑)

Zhigehirodoujin3-18

なお、今までに紹介したのはこの2つだけ(^^;)

アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届くまでの間のお楽しみに、沙優ちゃんの「前日譚」を描いた同人漫画を読みマシた!(笑): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)
アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届いた記念に、沙優ちゃんと吉田の「ifストーリー」を描いた同人作品を読みマシた!(笑): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

ということで、心の空白に耐えかねて、もういっそのこと

家出少女物のAVに走ろうかとさえ思ったのデスが←おいw

Zhigehirodoujin3-6

まぁ実際こういうことされてるんデスけどね(苦笑)

 

そんな中、ようやくいい感じのを1つ見つけマシたので、

さっそくFANZAで購入しマシた!d(゚∀゚d)←判断が速いw

サークル・オールバック街道さんの作品で、タイトルは

『女子校生を拾う。メイド服を着せる。』!

Zhigehirodoujin3-16

 

物語はまだ吉田と出会う前。今夜泊まるあてもなく公園で

一人ぽつねんとしていた沙優の前に現れた新しい家主。

今回はこの人にしよう…真面目そうだし…」と割り切る

沙優ちゃん@今回の名前はサエだったのデスが、

Zhigehirodoujin3-17

 

ところが今回の男は自分の部屋に住ませる条件として

サエにはメイド服のコスプレを課し、自分のことを

「ご主人様」と呼ばせる歪んだ性癖持ちで、更には--

Zhigehirodoujin3-4

 

続きを読む "アニメ『ひげひろ』1周年の記念に、またもや沙優ちゃんの「前日譚」を描いたこんな同人作品を読みマシた!(笑)" »

2022年1月29日 (土)

遅くなりマシたが、超個人版「2021年に読んだ本」ランキング

すっかり遅くなっちゃいマシたが、今年もやります!

超個人企画「2021に読んだ本」ランキング!

昨年の記事についてはこちら!!(更に過去にもさかのぼれます)
今年もやりマス!超個人版「2020年に読んだ本」ランキング!: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

なお、目標の100冊読破は今年も安定の滑り込みデシたw 

  

それではさっそくランキング発表です!昨年のTOP5は!?

(以下、個別の紹介記事があるものにはリンクを貼ってます)

  

◎第1位『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』1~5+番外編(しめさば)

Zyondahon21-1

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

昨年はまさに『ひげひろ』の年だったなぁ……いやぁハマったハマった。

本編もアニメも終わったので、今は漫画版や外伝小説を楽しんでるケド、

どうせならもっとアレな薄い本増えたらいいと思うな!←おいw

 

◎第2位『死にたがりな少女の自殺を邪魔して、遊びにつれていく話。』(星火燎原)

Zyondahon21-6

タイムリープなラブストーリー。前半と後半で180℃ヒロインの

態度が違うという正しい意味での「ツンデレ」作品デシた(笑)

後半は甘くて砂糖吐きそうだったケド、二人の恋はどうなっちゃうのか

最後までハラハラしながら読めマシた!全1巻なのもお勧めポイント。

 

◎第3位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』1~5(佐伯さん)

Zyondahon21-4

アニメ化も決定された甘いにも程がある「両片想い」作品(笑)

しかも途中から晴れて「両想い」になるので砂糖吐くこと必至。

はやくエロ同人でNTRてくんないかなぁ(笑)中和できるしw

……というのは冗談でも、半同棲だしどこまで進展するかは見物!

 

◎第4位『medium(メディウム)霊媒探偵城塚翡翠』(相沢沙呼)

Zyondahon21-1_20220129235101

2019年の大ヒット作品の文庫化。相沢沙呼はデビュー以来ずっと

推して来たのでとても嬉しいし、そしてさすがすごく面白い!

恋と魔法(マジック)と日常の謎! ボーイ・ミーツ・ガールな傑作青春ミステリー:『午前零時のサンドリヨン』(相沢沙呼): 「あそコロ♪」旧館(各記事の続きは「新館」でどうぞ!) (cocolog-nifty.com)

翡翠はかなりあざといキャラだしアニメ化してくんないかなぁw

 

◎第5位『ただ制服を着てるだけ』(神田暁一郎)1・2

Zyondahon21-3

19歳のニセモノJK×ワケあり社畜の「いびつ」だけれど心温まる同居ラブコメ☆『ただ制服を着てるだけ』(神田暁一郎): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

『ひげひろ』難民として読んでみたのデスが、似てはいるケド

これはこれでまた違った感じで面白い。何せヒロインの

くせ者加減がハンパ無いしなw 続きが楽しみなシリーズ。

 

◎次点『SPY×FAMILY 家族の肖像』(矢島綾)

Zyondahon21-5

アニメも間もなくで盛り上がる超人気漫画のノベライズですが、

タイアップ作品と侮るなかれ! 凄く良くできてマスよ!

特にフランキーの話がめっちゃいい!超泣ける!。・゚・(ノД`)・゚・。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
さぁ、こっからはざっくりと三段階評価デス!(Φ∀Φ)


★★★(面白かった!お勧め!)


◎『そしてバトンは渡された』(瀬尾まいこ)
◎『サクラオト』(彩坂美月)
◎『弱小ソシャゲ部の僕らが神ゲーを作るまで』(紙木織々)1・2
◎『春や春』(森谷明子)
『綾姉』(酒井仁)
◎『ゲーム部はじめました。』(浜口倫太郎)
◎『オーダーは探偵に』12・13(近江泉美)


★★(なかなか面白かった!)

『人妻とNTR温泉旅行』(天草白)
〇『それでも、あなたは回すのか』(紙木織々)
〇『帰蝶さまがヤバい』1・2(神楽坂淳)
〇『そして誰もいなくなる』(今邑彩)
『雨のち、シュークリーム』(天音美里)
〇『革命前夜』(須賀しのぶ)
〇『やがて海へと届く』(彩瀬まる)
〇『わたし、定時で帰ります。』(朱野帰子)
〇『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』15(太田紫織)
〇『スパイ教室』(竹町)
〇『やんごとなき姫君たちの秘め事』(桐生操)
〇『いとみち 3の糸』(越谷オサム)
『散らされた純潔』(御前零士)
〇『わたしの幸せな結構』1~5(顎木あくみ)
『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ』1・2(夏色青空)
〇『卒業したら教室で』(似鳥鶏)
〇『お嬢様姉妹はW嫁』(高橋由高)
〇『麦本三歩の好きなもの』(住野よる)
『バカとテストと召喚獣』9~12&9.5+10.5
〇『コワレモノ:璃沙~家出娘と爛れた夏~』(089タロー)
〇『その日。朱音は空を飛んだ』(武田綾乃)
〇『ニューノーマル・サマー』(椎名寅生)
〇『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)
〇『きみは本当に僕の天使なのか』(しめさば)
〇『負けヒロインが多すぎる!』1・2(雨森たきび)
〇『義妹生活』(三河ごーすと)
〇『君が花火に変わるまで』(中西鼎)
〇『神のダイスを見上げて』(知念実希人)
〇『南風吹く』(森谷明子)
『りゅうおうのおしごと!』14・15(白鳥士郞)
〇『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』(みかづき紅月)
〇『はたらく魔王さま!』1・2(和ヶ原聡司)
〇『虚構推理短編集 岩永琴子の純真』(城平京)
〇『キラキラ共和国』(小川糸)
〇『スレイヤーズ!』17(神坂一)
〇『ケーキの切れない非行少年たち』1・2(宮口幸治)
〇『恋愛中毒』(山本文緒)

★(ふつーに面白かった!)

・『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』14(渡航)
・『銀河英雄伝説トリビュート』(アンソロジー)
・『ヒトヅマガリ』(川俣龍司)
・『闘技場(コロシアム)の戦姫』(わかつきひかる)
・『異世界迷宮でハーレムを』11(蘇我捨恥)
・『ペスト』(カミュ)
『どうかこの手にスズランを』(懺悔)
・『夏休み明けの彼女は……』(くちびる蜜)
・『暗い夜、星を数えて』(彩瀬まる)
・『岸部露伴は叫ばない』(アンソロジー)
・『ありえないほどうるさいオルゴール店』(瀧羽麻子)
・『男女のしかた』(夏目房之助)
・『山椒魚』(井伏鱒二)
・『家出女子は家賃を愛情とご奉仕で払う』(愛内なの)
・『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』(燦々SUN)
・『名探偵、初心者ですが 舞田ひとみの推理ノート』(歌野晶午)
・『誘拐リフレイン 舞田ひとみの推理ノート』(歌野晶午)
・『君は僕の後悔』(しめさば)
・『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)
・『君に恋をするなんて、ありえないはずだった 課外授業は終わらない』(筏田かつら)
・『恋する寄生虫』(三秋縋)
・『君と、眠らないまま夢をみる』(遠野海人)
・『見知らぬ女子高生に監禁された漫画の話』(穂積潜)

なお、ぶっちゃけ今年唯一のお勧めしないだった作品は

巨匠・東野圭吾の『パラレルワールド・ラブストーリー』!

Zyondahon21-2

だってこれ全然パラレルワールドじゃねぇですもん!(苦笑)

そして登場人物がもう清々しくクズばっかりだしさ!

あ、NTR物としてなら評価してもいいデスけどねw

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
以上、今年も完全に独断と好みによるランキングでした!

みなさんの本選びの参考とかになったらうれしいデス♪

ではまた(多分)来年のこの企画で~!(・ω・)ノシ

2021年10月 8日 (金)

アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届いた記念に、沙優ちゃんと吉田の「ifストーリー」を描いた同人作品を読みマシた!(笑)

やったー♪アニメ版『ひげひろ』円盤の最終巻が届いたよ♪

これで公約通り全4巻コンプリートです!(≧▽≦)

Zhigehirodoujin2-1

しかし沙優ちゃんのこの表情たまんないなぁ☆

 

……とはいえ、そろそろお仕事も繁忙期に入るので

実際に見直すのはちょい先になるのかなぁ……(^^;)

内容も濃いしさすがに13話一気視聴はキツイ(苦笑)

Zhigehirodoujin2-2

ということで、残念ながらしばしお預けな代わりに、

 

またもや『ひげひろ』をテーマにした同人作品をデスね……

って、いやもうそういうの読みたいダケだよねぇ!?(笑)

Zhigehirodoujin2-16

ちなみに前回(笑)はこれ↓
アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届くまでの間のお楽しみに、沙優ちゃんの「前日譚」を描いた同人漫画を読みマシた!(笑): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

ということで今回の『ひげひろ』同人のご紹介なのデスが、

前回の作品が「前日譚」を描いた作品なのに対し本作は

「もしも吉田が普通の男だったら」な「ifストーリー」

Zhigehirodoujin2-4

後藤さんに振られヤケ酒帰りの吉田が電柱の下でうずくまる

沙優ちゃんと出会い「ヤラせてあげるから泊めて」という

原作通りの展開から始まって(台詞はちょい違うケド)、

 

続きを読む "アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届いた記念に、沙優ちゃんと吉田の「ifストーリー」を描いた同人作品を読みマシた!(笑)" »

2021年9月29日 (水)

アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届くまでの間のお楽しみに、沙優ちゃんの「前日譚」を描いた同人漫画を読みマシた!(笑)

いよいよアニメ版『ひげひろ』円盤の最終巻発売デスね!

公約通り3巻まで購入してきマシたので、当然これも注文☆

あとは明日お金を振り込んで届くのを待つだけだね♪(≧▽≦)

21sayuzenjitutan-1
 
21sayuzenjitutan-2

 

でもって、それまでのソワソワな待ち時間のお楽しみとして

まずは同時刊行された新刊『ひげひろ』漫画を2冊読んで、

沙優ちゃんの可愛さを満喫し、それでも足りないので続けて、

21sayuzenjitutan-17

 

沙優ちゃんの前日譚を描いた新刊の同人漫画を1冊……って、

おい!それはちょっといけないぞ!!( ゚д゚)←白々しいw

21sayuzenjitutan-16

修正したら余計にいかがわしいことに……(苦笑)

 

と言われるかもデスが、沙優ちゃんを愛しく思うからこそ

彼女の過去からも目を背けてはいけないんや!(><)

ということで、ここからはよゐこは読んじゃダメ☆(笑)

 

続きを読む "アニメ『ひげひろ』の円盤最終巻が届くまでの間のお楽しみに、沙優ちゃんの「前日譚」を描いた同人漫画を読みマシた!(笑)" »

2021年8月21日 (土)

19歳のニセモノJK×ワケあり社畜の「いびつ」だけれど心温まる同居ラブコメ☆『ただ制服を着てるだけ』(神田暁一郎)

『ひげひろ』難民救済第2弾として(笑)そういう感じ

他のラノベを読んでみたくなったので、神田暁一郎さん

『ただ制服を着てるだけ』を読んでみマシた!(^^)/

Ztadaseifuku-1

ちなみに第13回GA文庫大賞の金賞受賞作で、イラストは

あの“嫌パン”(笑)で有名な40原先生が担当デス!

参考:8月2日にこんな記事:今期最大の嫌し…もとい癒しがここに!(笑)アニメ『嫌な顔されながらおパ〇ツ見せてもらいたい』: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

でもこの作品は、確かに『ひげひろ』と同様

(あと作品全体としても正直かなり意識してる感あり)

社畜なサラリーマン×制服JK同居ラブコメ

ではあるのデスが、ただこのヒロインってば、

Ztadaseifuku-3

本当は19歳なんデスよね(笑)しかも別に留年とかでもなく、

(『ひげひろ』の沙優ちゃんは19歳で制服着てたことになるし)

そもそもこの制服は「ニセモノ」……って、え?どういうこと?

Ztadaseifuku-11

その答えはこの作品のヒロインである明莉(あかり)が、

  

「JKリフレ嬢」だから☆……って、

同じワケあり系でも今度はそういう話か!Σ(・ω・)(笑)

Ztadaseifuku-2

 

お話はこのニセモノJK明莉ちゃんが、常連客でもあった

コンビニ店長の広巳(29)の一人暮らしのアパートに

ひょんないきさつで転がりこむトコから始まるのデスが、

Ztadaseifuku-5

 

いやぁそれにしても、冷静に考えれば『ひげひろ』以上の

年齢差だし(吉田と沙優は9歳差。明莉と広巳は10歳差)、

 

明莉が勤めてるJKリフレ店はいわゆる健全店とはいえ、

(ボク行ったこと無いからよくわかんないや☆(・ω<))

明莉自身はふつーに現役JK時代から根無し草生活

送っててヤドカリ援交もしてたという、要するに吉田に

出会わなかった沙優ちゃんの行く末みたいな子デスが、

 

沙優ちゃんの設定には胸がズキンとしたのに、明莉の場合は

そんな設定を聞いても「んーまぁそういう子いるよね」

程度にしか思わないのは、同じ未成年制服ヒロインでも

現役とニセモノ越えられない壁なのか!?(苦笑)

 

まぁでも一番はキャラの性格の差で、沙優ちゃんの場合は

素直で明るい子なだけに「何でこんな子が……」という

痛ましさがあるんデスが、明莉の場合はあざといというか

ひねくれてるというか、もう完全にすれっからしで、

例えるなら元は家猫なはぐれ猫野良猫ぐらい違う感じ。

Ztadaseifuku-4

 

でもこっちの方がリアルな根無し草女子でしょうケドね!

そんな沙優ちゃんみたいなの落ちてませんから、普通!

(そして沙優ちゃんも後2年家出続けてたらこんな感じに……)

 

……ですがそんな汚れ系ヒロインだけに余計問題になるのが、

何でこんな子と同居しといてやらないの?って話で(笑)

そう、本作の主人公・広巳も『ひげひろ』の吉田同様に

据え膳食わない系男子なワケですよ!Σ(・ω・)

 

いやさすがにそれは無いんじゃね??だって『ひげひろ』と

違って別に犯罪でも条例違反でも無いし、しかもいくら

グレーゾーンとはいえそっち系のお店の「嬢」なわけだし、

Ztadaseifuku-6

そんな子と同居してしかも向こうから迫られてそれなのに

手を出さないアラサー男……ってさすがに無いでしょ!?

マジで「神待ち少女」の「神」になろうとしてるわけ??

 

と思うのデスが、でも読み終わってみるとぶっちゃけた話、

広巳の方が吉田よりよっぽど理解できるというか(笑)

そこはネタバレなので伏せますが、広巳もまたワケあり

(あ、イ〇ポとかそういうオチでは無いので念のためw)

 

「ああ、そういうことなんだ……」というのが分かります。

逆に吉田は正直そこら辺のキャラ立てが弱いんだよなぁ。

(まぁもちろん広巳の事情はベタって批判もあるかもだケド)

 

ちなみにそこはマネというかこの手の話のお約束な感じで

こんなに良くしてくれるのに、手を出してこないことに

逆に不安になって、対価として自ら身体を差し出そうと

する展開がこちらの話にもあるのデスが、

Ztadaseifuku-8

 

相手が沙優ちゃんなら吉田の「ここにいてくれるだけ

いいんだ」が通用しましたケド(むしろ感動の流れ)、

明莉の場合は「でもそれ、独善。ただのオ〇ニーだから」

バッサリですからね!これ吉田が矢口に言われたヤツ!

それを当の女の子側から言われちゃうんだからなぁ……w

 

あっさり堕ちてた感の強い沙優ちゃんに比べて(可愛いケド)、

でも明莉のこの野良猫感も決して嫌いじゃ無いというか(笑)

そしてそんな自分はヒロインなんてガラじゃ無い

やさぐれてる明莉が少しずつデレ始めるのがたまらないぜ! 

Ztadaseifuku-7

 

「……卑怯だと思った。/目も合わせず呟かれた、その言葉は。
愛想もへったくれもない、ありふれた言葉だったくせに。
私の胸を、一瞬にしていっぱいにしやがるのだ」

とかやさぐれデレが同居してて超可愛くないですか??

Ztadaseifuku-9

 

ということで、もっとデレる姿が見たいデスし、明莉の過去も

気になるところなので、ぜひ続きが出て欲しいと思いマス!

正直あからさまに「続く」って感じで終わりはしたのデスが、

こういうのは1巻の売り上げ次第だしなぁ……ということで

難民のみなさんはアナザー『ひげひろ』な感じでぜひぜひ☆

Ztadaseifuku-10

 

2021年8月11日 (水)

コミカライズ版『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』(足立いまる)既刊5巻まで読みマシた♪

アニメ視聴&原作読破を終え1ヶ月経った『ひげひろ』デスが、

ロス埋め企画の1つとしてコミカライズ版を読んでいマシた☆

Zhigemanga-1

 

Zhigemanga-2

 

コミカライズ担当の足立いまるさんはぶーたさんの代わりに

原作4巻の表紙&挿絵も担当されてた方デスが、これがまた

Zhigehiro2-21_20210812104201

 

実にいい感じのコミカライズなんですよ♪しめさば先生

「すごく読み込んだ上で明確に映像に起こしてくれてる」

後書きで絶賛されているだけのことはあるよって感じデス!

Zhigemanga-5

 

 

Zhigemanga-15

 

基本原作に忠実デスが、要所要所でアレンジもされてるし、

またそれがすっごくいい効果を上げてるんデスよ。


Zhigemanga-17
これとか原作には無いけど良いシーン! 
 
   
Zhigemanga-23

ここなんかも同じようでけっこう原作と印象違う 

 

たとえば2巻収録の第9話(原作1巻ラスト部分)での

この吉田の台詞の変更とかすごくイイと思うんですよね☆

Zhigemanga-21

こっちの方が吉田の誠実さが良く伝わるし、沙優ちゃんに

とっても自然に受けいれやすい形になってて良い改編!

(原作では吉田の剣幕に圧倒されてるだけだもんなぁ)

 

足立いまるさんの絵柄については、どうしても原作の絵と

比べてしまうので最初は多少の違和感はあったのデスが、

(原作4巻の絵はかなりぶーたさんに寄せてる感じ)

Zhigemanga-26

しかしこの後藤さんの存在感よw

 

すぐに馴染んだというか、もっと踏み込んで言えば、

こっちの方がリアルな沙優ちゃんって感じがしますね!

Zhigemanga-9

 

いやぶーたさんの描く沙優ちゃんは確かに可愛いデスし、

それが『ひげひろ』人気の核であるのも分かるのデスが、

逆に言えばちょっと可愛いに寄りすぎてるというか……

(そしてアニメ版の沙優ちゃん清純派に寄りすぎ)

Zhigemanga-3

 

“美人”と“可愛い”の中間にいるような顔」(原作)

というなら、沙優ちゃんの大人っぽさと子どもらしさ

うまく同居した感のある漫画版の方がそれっぽいし、

Zhigemanga-11

 

あと何というかここが女性漫画家さんらしいうまさだと

思うのデスが、沙優ちゃんの描写が生き生きとしてて

すっごくJK感があるんデスよね。読んでて楽しいよ♪



Zhigemanga-2_20210812112501

 

まぁ多少吉田が可愛すぎな気はしマスが、これはこれで

原作でのいけ好かない感が中和されて悪くないかなとw

それにもちろん決めるところは決めてくれますしね!

Zhigemanga-1_20210812112601
 
 
 
Zhigemanga-13

 

そして何より原作やアニメではある意味ウリ文句詐欺だった

JK×リーマンのほのぼの同居ラブコメ感があるしさ!

そう、こういうのが読みたかったんデスよ、こういうのがw

Zhigemanga-8

 

Zhigemanga-6

吉田のリアクションが漫画版はいちいち可愛いのも好きw

 

なお、5巻目で原作2巻が終了で、アニメではカットされた

神田先輩編もちゃんと描くみたいだから、このペースでは

完結まであと3年はかかりそうデスが(全12巻ぐらい?)、

Zhigemanga-14

 

逆に言えばまだまだ楽しませてもらえるということで嬉しい♪

足立先生、ぜひ最後までがんばってくださいね!(^^)/

Zhigemanga-25

コミック派なのでカバー下のおまけも楽しみ♪

 

あ、でも足立先生の作品解釈はとても素晴らしいと思うのデスが、

略称が「るそし」ってのだけはホントどうかと思いマス!w

Zhigemanga-24

 

PS

あと、こう言うと真面目なファンにしばかれそうデスが(笑)

コミカライズ版の沙優ちゃんはもう一つ、原作絵やアニメ版と

比べて何て言うか実に、

 

続きを読む "コミカライズ版『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』(足立いまる)既刊5巻まで読みマシた♪" »

2021年7月12日 (月)

今期観てたニコ動アニメまとめ!@2021年春期

何だか『ひげひろ』ばっか熱く語ってた感じデスが(笑)

2021年春期ニコ動視聴アニメ全体のまとめデス!

Zharuanime21-1

『ひげひろ』記事はこちら:ひげひろ: 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

……と言っても実は今回はなんと4作品しか見て無くて

こんなのニコ動アニメを見始めた2012年以来のこと

なのデスが、別に不作だったと言いたいわけじゃなく

単に好みに合いそうなものが少なかったな……と。

  

なので簡単な記事になるのデスが、『ひげひろ』以外に

観ていた3作品はこんな感じデス!゚゚+.(・∀・)゚+.゚

Zharuanime21-1_20210712234401

 

Zharuanime21-2
Zharuanime21-11

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

◎『86-エイティシックス-』

話題作だし面白かったデスが、まぁ原作読んでるもんで

むしろ1巻だけで1クールやりやがった!Σ(・ω・)

驚いたのが一番の感想デス。いやむしろ1巻すら

最後までは終わっていないと言うべきか……

Zharuanime21-12

 

分割2クールということで、後半は1巻の真のラストから

原作2・3巻の話を描くんだろうケド、こっからが

むしろ本番なので楽しみデス!バトル的にもそうだケド、

Zharuanime21-13

こうしてアニメで見せられるとやっぱジャガーノート
レギオンと戦う……ってのはムリゲーだよなw

 

〇〇〇と〇〇のイチャコラもここから始まるわけだし!

(一応ネタバレに配慮して伏せ字にしてみましたw)

とりあえず秋を楽しみにしておきマス☆(〃'ω')

Zharuanime21-3

※なお『86』についてはこの記事の中で少し触れています。
『城プロ』コラボに触発されて『コードギアス 亡国のアキト』(全5章)を観ました!(笑): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

◎『戦闘員、派遣します!』

暁なつめ原作なら観てみようかなというまさに制作陣の

思うツボな動機で観ましたが、すっげー緩かったデスw

Zharuanime21-17

 

正直言うと富田美憂演じるアリスの毒舌美少女っぷりのみが

突出して魅力的、あとはろくなヒロインがいないという

Zharuanime21-7

 

なかなかしいハーレムものだった気がしますね!(笑)

アスタロト様は素敵だけど、何せ出番が少なくてなー

Zharuanime21-8

 

こうして観ると、やっぱ同じくダメヒロインぞろいでも

ちゃんと全員魅力的な『このすば』はすごいよなと。

Zharuanime21-9

 

実はこの期間に映画版をレンタルして観たんだケド、

やっぱ面白いなぁ。3期はまだやんないのかな??

Zharuanime21-2_20210712234501

 

◎『スーパーカブ』

個人的にはまったくノーマークだったんデスが、優君が

「すばらしいから観るべき」とプッシュしてきたので、


Zharuanime21-14

 

観てみたら確かに何とも言えず面白かったデス☆

って、これラノベ原作なのな!?Σ(・ω・)ビックリ。

(てっきり漫画原作かと。この内容でラノベとは!)

Zharuanime21-15

 

ないない尽くしの女子高生だった小熊がスーパーカブに

出会うことでその世界を広げていき、いつしか周囲から

Zharuanime21

 

畏敬を込めて「小熊さん」と「さん」付けされるように

なるまでの成長ドラマでしたが、原作未読のボクは勝手に

Zharuanime21-5

 

小熊の両親がいないのは実はどちらも小熊が〇したからで

(母親は失踪したわけではなく、山梨山中に埋められてる)

それ以降は感情を失い、ただ警察の捜査の目を逃れるために

派手な暮らしは避けて、ひっそりと一人で暮らしている。

椎ちゃんが事故したとき警察を呼ばなかったのもそのせい。

という裏設定をデスね……←優君「違うよ!( ゚д゚)」

Zharuanime21-6

それはそれとして椎ちゃん可愛すぎかよとw

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ということで、実にあっさりとまとめ記事が終わったのデスが

でもこういうクールもたまにはあっていいかなと。おかげで

『バカテス』を始め、気になってた過去作を色々レンタルで

観たりもできたし!またそういうのも記事にするかもデス☆

Zharuanime21-4

緊急事態宣言のお供にアニメ版『バカとテストと召喚獣』を見始めマシた!(超今更w): 「あそコロ♪」新館! (cocolog-nifty.com)

 

PS

なお、始まったばかりの夏期はいろいろと話題作も多くて

こいつは忙しくなりそうな予感だぜ!゚゚+.(・∀・)゚+.゚(笑)

 

2021年7月 8日 (木)

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』アニメ版最終回&原作最終巻のラストの違いをもとにちょっと「真面目に」考察してみた!

「おじさん、泊めてよ☆」

Zhigehiro3-1

 

ニコ動の生放送は一週間遅れなのでようやく観れマシたよ、

アニメ版『ひげひろ』最終回!ああ、もうホントにラストが

すっごく良かった! この心がズキズキ痛む物語を追ってきた

すべての人が笑顔になれるような、最高の大団円だったよ!

うう、沙優ちゃん、良かったね、良かったね……(;´д⊂)

Zhigehiro3tuika3-1

 

でもって、その勢いで原作最終巻も一気読みしたのデスが、

Zhigehiro3-9

こちらはこちらでもちろんすごく良かったデスし、色々と

補完できたのデスが、同時に一つどうしても気になったのが

ラストのテイストがびみょーに違うことなんデスよね。

 

※注:ここからはラストシーンのネタバレを含みますので注意!

 

 

簡単に言えば、アニメは明らかに二人はこれで結ばれた

確信させるようなハッピーエンド。ていうかこの後もう

Zhigehiro3-1_20210708213501
 
Zhigehiro3-2

思い出の部屋にお泊まりしてむちゃくちゃセッ……

不可避な勢いなワケデスよw2年も溜めてたわけだし!

 

気を利かせてあさみもアパートにはいないしさ!(笑)

(原作も挿絵ではあさみは外にいるっぽいけど、ただ吉田は

あさみも同じ部屋にいるのを前提にしるのが違うトコ)

Zhigehiro3tuika3

しかしこの子吉田の部屋の合鍵持ってるのかよ(苦笑)

 

でも原作はびみょーにニュアンスが違っていて、まだまだ

吉田は後藤さんとの恋人未満な関係が継続しているし、

Zhigehiro3tuika_20210710004901

アニメではなんか断り入れてるっぽい描写だケド
(もしくは「ヤらせてください!」だったりして
w)

 

沙優との再会に感動はしつつもだから即恋愛関係になる

言う感じは正直あまり無く、どっちかというと再び二人が

巡り会えた--ということの方に力点が置かれてる感じ。

 

ここから新たな二人の物語が始まる!『ひげひろ』第二部

『ひげを剃る。そして女子大生が押しかける。』

お楽しみに!って言う感じだなぁ。いや読みたいケドね!

これでようやくハーレムラブコメが始まるって感じだぜ!w

Zhigehiro3-17

 

でもじゃあ何でこんなテイストの違いが生まれたんだろうと

考えてみたときにその方が一般ウケするとかは置いといて、

一つ重要なポイントに、アニメと小説の表現方法としての

性質の違いが、この作品の場合無視できなかったんじゃ

ないかと考えてみたのデス。端的に言えば、

 

小説の一人称はウソをつけるということデスよ。

 

え?どういうこと?と思われるかもデスが、簡単に言えば

吉田視点の一人称が基本の原作『ひげひろ』において

吉田が自分の気持ちについて語っていること

真実とは限らないってことなのデス。

 

この物語において、吉田は一貫して沙優に対して持つ感情

恋愛ではない。沙優はあくまで庇護すべき「子ども」であり

そうした対象(まして性欲の対象には見ることができない

と明言していマス。「ガキには興味は無い」とも度々。

 

まぁそこは据え膳を食わない同居ラブコメ」である

『ひげひろ』を成立させるためには不可欠な要素なのデスが、

(あとさすがに26歳サラリーマン17歳の女子高生

恋愛感情を…というのはマズいっちゃマズいんだろうなぁと)

Zhigehiro1-14

 

更にそうでなくても吉田というキャラが極めて「独善的」で、

相手の気持ちより自分がどうするべきかを優先する男なため、

「自分は沙優に恋愛感情は持てない。いや持ってはいけない

思い込もうとしているように感じられるんデスよね。

もしくは「こんな子ども相手に持つはずがないでもいい。

 

だから沙優から「何でそんなに守ってくれようとするの」

聞かれても「俺にも分からねぇんだよ」としか答えられない。

Zhigehiro1-15

一颯から「どうしてそこまで沙優に優しいのでしょうか?」

と聞かれた時は、考えに考えて「可愛かったから」という

素直すぎる結論ようやく気付いたりもするわけデス。

 

つまり吉田の述懐なんてまったく当てにならないのデスよ。

こいつは自分の本当の気持ちは見えないフリをして、

頭で考えた建前ばっかをいつも述べているわけですから。

善行を成そうとしつつモラルは破綻してるのもそのせいだし、

そしてそんな人間だから、同時に他人の気持ちに関しても

絶望的に鈍感(というか関心が無い)わけで……

 

正直言えば吉田のこういう所はボクもあまり好きじゃ無くて、

(作者のしめさば先生も「吉田嫌い」って公言してるしなw)

例えば例の最後の夜に恐らくは思い詰めた末に勇気を出して

抱かれにきた沙優の気持ちを全く理解できなかったり、

Zhigehiro3-18

 

※ちょっと話がそれマスが、ここでの沙優の行動について。

この沙優の行動を批判する人もいるとは思うのデスが、

彼女はそもそも非処女なわけだし、だから最後に一度でも

大好きな人に抱かれて忘れられない思い出にしたい

願っても別に不思議じゃない心理だと思うよ。

Zhigehiro3-5

嫌だった援交の記憶上書きして欲しいの……

 

それに1巻最初では吉田に「俺とヤリたいのか?」と聞かれて、

「いや、別にそういうわけじゃないけど」と答えるように、

沙優は経験こそは豊富でも今までヤりたくてヤったことは

多分一度も無いんデスよね。1巻終盤で吉田に「抱いてよ」

迫るのもあくまで捨てられたくないという不安からだし。

Zhigehiro2-3_20210626002801

Zhigehiro3
Zhigehiro3_20210708220401

基本、それまでの沙優のセックス泊めてもらうための
代償……と言うより、ぶっちゃけ自傷行為デスからね。
別に性の悦びなんて感じて無いし。

 

そう考えれば、そんな沙優が初めて自分から抱かれたい

思ったというのは、彼女の成長の証なんだと思いマスけどね。

吉田には全く理解してもらえませんデシたが!(苦笑)

Zhigehiro3tuika
Zhigehiro3-20

そこまでは沙優も勇気が出なかったんだと思うけど、
抱かれるつもりで夜這いにきただけでもドキドキのはず)
これが「抱いて欲しい」という直球なお願いだったら
違ったかも……ってまぁ吉田じゃムリか(苦笑)

 

……で、本題に戻るのデスが、

それなら!ともっと勇気をふりしぼっての告白に対しても

「正気かよ」という第一声なあげく(マジむかついたしw)

「この感情もきっと一時的なものだ」と思うワケで。

Zhigehiro3-1_20210708220801

だからこそここで重要なのはそんな超面倒くさい男である

吉田個人の述懐なんかでなく、回りがそんな吉田のことを

どう見ているかなんデスよね。

 

一颯には「あなた、本当は沙優に惚れてるでしょう」と言われ、

三島からは「その感情は恋愛と紙一重のところまで来ている」

評され、橋本からも「それに気付いているはずなのにギリギリ

までつとめてそれに気付かないようにしてる」と批判される。

 

そして何よりの証拠は結局後藤さんとの関係が二年たっても

恋人同士になれていないこと。そんなのあり得ないですから。

だったら答えは一つ、後藤さんは吉田の心の中に変わらず

沙優がいることを見抜いているからとしか考えられない。

Zhigehiro3-16

 

つまり、一人称では「恋愛感情は無い」と言い続ける吉田は

自分の気持ちにウソをついている、もしくは橋本が言うように

「気付かないように」している。でもそんなのは側からみたら

誰でも分かるぐらいバレバレなんだと。

 

でも小説ならそれでいけるかも知れませんが、アニメの場合

そういうわけにはいきません。表情に出るし、態度にも出る。

更に言うなら声優さんの演技にもそれが現れる。

Zhigehiro3-2_20210708214001

空港での沙優の告白シーンからの二人のやり取りなんか
原作とアニメじゃ全然受ける印象違いますもんね。

 

基本的に第三者からの視点でしか描けないアニメにおいては、

視聴者からも吉田が沙優に恋愛感情を持っていること

はっきり分かっちゃうので、だから逆にそういうラスト

ならなかったら「何で?」という違和感しか残らないかなと。

Zhigehiro3-4

 

まぁこれはあくまでもボクの勝手な仮説にすぎなのデスが、

でもこう考えることでアニメ版があの場面をオチにした

理由がすんなりと受け止められるような気がするのデス。

「恋愛もの」としてはアレが最良の大団円なのデスから……

Zhigehiro3-13

 

でも恋愛エンドじゃない原作はそこがラストにはならない

それについてはあくまでネタですませて「ただいま」という

これから始まる新たな物語を予感させる形で終わるんだと

思うんデスよね。まだまだ今の二人ではそういう関係には

なれないのデス。主に吉田のせいでな!(苦笑)

Zhigehiro3-10

 

とはいえ、別に心配はしていません。なぜなら沙優ちゃんは

強くなったから。逃げた末ではなく、今度は自分の意志

自分にとって一番大切なものをつかむために帰ってきた。

吉田はそこらの辺りが絶望的に分かっていないのデスが、

それは沙優にとっては「過去」に縛られる「呪い」じゃなく、

どうしても手に入れたい「未来」そのものなんデスよね。

Zhigehiro3tuika6

 

だからこれ以上自分が側にいるのは沙優にとって良くない

勝手に思い込んで連絡を絶っていた吉田の行動はそりゃもう

独りよがりもいいトコで、ああもうホント吉田嫌い!

沙優ちゃん、ホントよく2年間もがんばったよ!(;´д⊂)

ぶっちゃけ吉田なんかに沙優ちゃんはもったいないわ!w

Zhigehiro3-11

告白に対し吉田にむっちゃ心ない対応をされながらも
涙を浮かべながらもめげない沙優の絵大好き。

アニメでは解釈を変えて描かなかったけど、この後
車の中で顔をぐしゃぐしゃにして泣く沙優も……

 

 

まぁでもだからこそ、今度は沙優ちゃんが吉田を拾ってあげる

じゃないかと思うんデスよね。もう沙優ちゃんしかこんなヤツの

面倒を見てはあげられないデスよ。ということで第二部は、

「大人になる。そしてダメリーマンを拾う。」デスね!w

Zhigehiro3-12

 

それに三島はすでに撃沈されてるみたいだし、後藤さんは

多分勝手に身を引くだろうし、ライバルも不在なわけで!

Zhigehiro3-14

ということで、やっぱ沙優ENDは不可避デスね。お幸せに!!

意外とあさみが伏兵だったりするかもしれませんが……w

 

……と、我ながら久々にネタ抜きの真面目な考察記事などを

書いてしまったわけデスが、語ってしまいたくなる魅力

この作品にはあったということデスよ!この3ヶ月間、

ガッツリはまれて幸せデシた。時に辛かったケドな!w

Zhigehiro3-15

 

でもまだ「最後じゃないよ…」なわけで、この後は漫画版も

追いかけていくつもりだし、プロトタイプ的な「カクヨム」

掲載版も読むつもり。どんな風に違うのかそれぞれ楽しみ!

Zhigehiro3-6

 

そしてもちろん--

(あ、ウチの読者さんなら薄々分かると思うケド、ここまで
真面目に読んできた人は続きは読まないでおくべき!(笑))

 

続きを読む "『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』アニメ版最終回&原作最終巻のラストの違いをもとにちょっと「真面目に」考察してみた!" »

その他のカテゴリー

Engage kiss&kill Fate FF7リメイク Gガンダム感想 i・ショウジョ NTR Vジャンプ感想 Z/X 「アレ」な「いい夫婦の日」 「アレ」な作品(なつかし系) 「アレ」な作品(一般枠) 「アレ」な作品(R18枠) 「アレ」な作画モデルもの 「上木らいち」シリーズ いのまる作品 おでかけ・旅行 お気に入りサイト・同人紹介 お隣の天使様 かぐや様は告らせたい きみだら系(岡本倫&横槍メンゴ) くのいち・忍者もの この世の果てで恋を唄う少女YU-NO せかおぱ つぐもも なかま亜咲作品 なんでここに先生が!? ばくおん!! ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 ふなつかずき作品 まどか☆マギカ りゅうおうのおしごと! アイドルもの アサウラ作品 アニメ・コミック ウマ娘。 ウルトラマン オークとかゴブリンとか ガルパン ガンダム総合 ガンロワ ギャルもの ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コードギアス サキュバス・女悪魔もの サクラクエスト ジョジョの奇妙な冒険 スポーツ セーラームーン ソラとウミのアイダ ダンゲロス チチチチ ドラえもん ドラクエ ド級編隊エグゼロス ニコ動アニメ感想 ニュース パラダイス学園 ビキニアーマー プリキュア総合 マイぼーる! マルセイ!! ラーメン大好き小泉さん 不徳のギルド 乙女戦争 人妻弁当 仮面ライダーエグゼイド(30話~ 仮面ライダーガッチャード 仮面ライダーギーツ 仮面ライダージオウ 仮面ライダーセイバー 仮面ライダーゼロワン 仮面ライダービルド 仮面ライダーリバイス 伊吹天花 伏見つかさ作品 僧侶枠 冥王計画ゼオライマー 初音ミク 北斗の拳 叶田キズ 地上100階 夜明け後の静 大河ドラマ 天王寺きつね 女上司系 姫騎士がクラスメート! 嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい 小説『学園戦兎トリプルバニー!』 小説『退魔光剣シェルザード!』 小説『魔装戦記エルガイザーX』 山本亮平作品 島崎奈々@お仕事募集中 川原礫作品 広島カープ 御城プロジェクト 文化・芸術 新妹魔王 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 格闘技 歴史ねた 淫獄団地 特撮 異世界「風俗」 異世界で全裸勇者と呼ばないで 異世界迷宮でハーレムを 神呪のネクタール 神田川JET GIRLS 経済・政治・国際 綱島志朗作品 緒方てい作品 美味しんぼ 艦これ 蝶撫の忍 超昂大戦エスカレーション・ヒロインズ 超次元伝説ラル 車田正美漫画(星矢他) 軍神ちゃん 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 速野悠二作品 遊戯王 鬼滅の刃 麻雀 黒岩よしひろ IS〈インフィニット・ストラトス〉

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック